レーダ探査


電波技術を応用した地中レーダ探査業務を主軸とした非破壊試験業務を行っております。

地中レーダとは、航空機や船舶に搭載されているレーダと同じ原理を使用して、地中や構造物に向けて電波を投射し、掘ったり壊したりせずに対象物内部を診断する探査装置のことです。

老朽化が懸念される各種インフラの調査・診断を3Dレーダやパルス方式地中レーダという技術を活用し社会に貢献しています。

【使用機材】
高速移動型3Dレーダ探査車 ロードスキャンビークル
NETIS登録番号 KK-130032-A

ロードスキャンビークル ― Road Scan Vehicleは一度の走行で路面下の空洞や舗装劣化箇所を三次元で把握することができる高速移動型3D探査車です。従来の探査車の探査速度では交通規制が必要であった高速道路上の調査も、ロードスキャンビークルであれば探査速度80km/hで調査ができます。

舗装から地中まで高速でビジュアル化

地中探査に使用する3-Dレーダシステムは、周波数可変型アンテナを搭載し、地中内部を高速でビジュアル化します。 また、従来のレーダシステムと異なり、1回の走行で幅2.1mの地中探査が可能で地中内部の情報を任意の深度で面として確認することが可能です。



アイコンサルタント株式会社
〒003-0872 札幌市白石区米里2条2丁目3番21号 TEL:011-826-3702 FAX:011-826-3703
Copyright icon-sapporo.jp All Rights Reserved.